カードローンの審査に通らない理由とその対策

カードローンの審査に申し込んだ結果、残念ながら融資を受けることができなかったというケースについて考えてみます。

 

 

審査に通らなかったよぉ・・・


審査に通らない要因としては、主に以下の可能性が挙げられます。

 

 

  • 既に他社から多額の借入を利用している
  • 過去にクレジットカードやカードローンの返済を滞納したことがある
  • 勤務先への勤続期間が短い
  • 申し込み内容に事実と異なる情報がある

カードローンの審査で不利にならない為の対策とは?

まず、既に他社から多額の借入を利用している場合ですが、消費者金融の場合は年収の3分の1を超えて融資を受けることができないため、申し込んだ金額によっては審査に通らない可能性があります。

 

 

あんた、既存借入の残高を少しでも減らす努力をしていたの?


その為、既存の借入残高を少しでも減らしておいた状態で申し込む必要があります。過去にカードローンやクレジットカードで返済を滞納したことがあるという場合ですが、この場合はキャッシングの審査では最も評価が低くなるパターンのひとつです。

 

 

減らす努力をすることすら考えていなかったよ・・・


カードローンの返済やクレジットカードの支払で滞納があった場合には、これから行う融資についても同様に滞納などがあるのではないか、とカードローン業者が不安になる可能性があります。過去の支払状況については個人信用情報機関に登録されていますので、

 

 

貸すほうにもリスクがあるのよ・・・


この情報が更新されるまでは申し込みは控えた方が良さそうです。勤務先への勤続期間が短いという場合については、これは融資を行ううえで最も重要な「信用」にかかわる問題です。

 

就職して間もない状態では、勤務先では「試用期間」だったり準社員だったりといったケースも考えられることから、まだ信用度が決して高い状態ではありません。その為、最低でも半年〜1年ほどは勤続期間がある状態で申し込むようにすると良いでしょう。

 

 

それに「申込内容に事実と異なる情報がある」という場合はまず間違いなく審査には通らないわよ!


カードローンの審査では「信用」が重視されますので、事実と異なる情報を伝えた場合は信用度が著しく低い状態となってしまいます。申し込みにおいては必ず事実に即した内容で申し込むように注意しましょう。

あなたにピッタリな即日融資を検索する

無利息サービスもあり即日融資に最適!
どうしても低金利で即日融資を受けたい!
専業主婦ならこちらで即日融資!
返済金額が小額だが即日融資を受けたい!